梅雨だってばよ。

金曜日有休をとったんだ。とったというか、とらなくちゃいけないやつ。

ちょっと前まで話題になっていた、働き方改革ってやつです。

 

今日は、そんな連休最終日。

普段の自分だったら、泣きじゃくりながら、時間が平等に進んでいくこの世界を憎んだだろうね。俺の進む時間だけ気持ちゆっくりにしてよ!ザ・ワールド!ザ・ワールド!ザ・ワールド!

 

でも、今日はね気分がいいから。自分の中でやる気スイッチがオンになっているから卑屈じゃないよ。

 

 

今回は、私の自慢話を記していくね。

他人の良い話を聞いて、イラつく方は、ここでそっとこのページを閉じてくださいね。

 

こんな自分だけの自己満足な空間に、イチャモンつけられてしまったら、立ち直れないから。

 

以下、本題。

 

 

私は凄く人に恵まれているんだ。もう本当に自分でも引いてしまうくらい、いつも人に恵まれている。

 

心友たちにも、職場にも、家族にも、もちろんこれまで付き合った恋人たちにも。

これは一種の才能だと自分で思っている。

 

連休だったり、時間が少しあると、自分の精神状態があまりよくなくなってしまう。

「どうでもいいや~」、「どうにでもなれ~」「今日も寝て過ごそう」etc。。。

 

それでも、そんな自分と関わってくれる人たちと話をすると気分良くなってしまうんだ。

 

社会人になって、つい最近だけど、音楽を自分の中で本格的に始めて、私の疑問に、不思議に、あんなに真正面に向き合ってくれる人がいる。普通24歳の男が、小学生でも分かるであろうことを聞いたら、鼻で笑われるんだろうけど、面と向かって答えてくれる。

こんな人本当に普通いないと思う。しかも今日なんか、貴重な彼の時間を割いて自作で有益な情報リストを作成して送ってくれた。なんか、時間たって冷静になって本当に界隈での才能、レベル、努力、傾けた時間が他の人とレベチなんだなって思うし、その情報をこんな小童に与えてくれる器量にもう脱帽。早く世界が落ち着いて彼と会いたいな。たくさん話をしたいし、遊びたいよ。

それまでに少しでも成長するから。

 

そんな熱心にやりたいことがあるにも関わらず、そればかりに取り組むと、ほかの刺激も欲しくなってしまうんだよね。なんとわがままなことか。さすが人間、欲望の塊だよね。

そんで、先輩とのやり取りが勝手にトリガーになり、今日の夕方運動公園へ行ってきた。

向いてないなりに取り組んだ陸上。昨日までもずっと「辞めてやる!」て思っていたけど、こいつが自分の心の原点なんだな。と思う。食事や睡眠と同じ次元のことなんだろうな。上手くいえないけど。

 

自分自身とても弱い人間で、すぐに情緒が壊滅するけど、好きな人たちとのかかわりは、自分の気持ちを楽にしてくれるし、上に向かせてくれる。立ち止まったら、置いてかれてしまう、てのもあるけどね。

まあ、リタイアしたらそれで終わりだから仕方ないのかもしれないけど。

 

そんな仲間たちに心支えられながら、今週も頑張っていくよ!

始まればちゃんと終わるから!始まって終わらないでほしいことも、たくさんあったけどね!

 

 

ああもうう、またこんなにも感情を駄々漏らして、恥ずかしい。

でも、みんなもちゃんんと中身は恥ずかしいんだよね。と信じている。

人生自己満足のマスタベーションなんだから。

 

明日からも頑張って生きていこ~ね

YOU シー 。

さいころピアノを習っていた。

レッスンが嫌いで、練習という練習をした記憶はそんなにない。そのせいで、レッスンの状況は常に芳しくなく。毎週土曜日の午後の時間がとても嫌いだった。

過去の自分が頑張らなかったばっかりに、つい最近まで鍵盤は弾けても全く楽譜が読めなかったよ。この年になってもドの音から数えないと楽譜が読めなかったんだよK少年。

音の長さ。休符。リズムなんてもってのほかよ。

 

そういえば、当時も楽譜が読めなかったから、曲を弾いてもらって音もリズムも覚えて弾いていたな。読めなかったというか少年の怠惰で読まなかったんだけどね。

 

 

そんなこんなでピアノは好きでもなんでもなかったんだけど。とあるきっかけで、社会人になってから弾き始めたんだ。

きっかけは、高校時代からの友人。プロのアーティストを目指し現在も奮闘している友人。今は、友人じゃなく勝手に親友だと思っているけどね。

早く彼がもっともっと日の目を浴びる日が来ないかな。楽しみにしている。

 

そんな彼がとてもカッコよくてね。

俺みたいなドのつく素人相手にも、すごく楽しそうに音楽の話をしてくれるし、聞いたことに全力に答えてくれる。

そんな彼と話しているのが楽しくて、もっと話したいな~て思ったのもあるね。

 

そのような経緯でピアノを弾き始めて少したってから、仕事の関係で以前お世話になっていたピアノの先生と再会することになった。

こんな、始めたタイミングで?こんな偶然ってありますか?

と心の揺れたタイミングで先生に「またピアノひくか?」と聞かれた。

自分で言うのも恥ずかしいけど、ジンクスとか願掛けとかルーティンとかをずっと信じて生活の中に組み込んで、これまで生きてきたから、「多分偶然じゃない!」という直感で二つ返事で先生に答えた。

 

それから、社会人の時間の限られた生活の中、ピアノに向き合うようになった。

本当は教材とかあるんだろうけど、やらなくていいから弾きたい曲だけやりな、という言葉に甘えて、好きなものばかり弾かせてもらっている。

 

そんな中、先日、「クラシックには興味ないの?」「コンクールとかは?」とかまをかけられた。冗談なのか、本当なのか真意はわからないが。

「滅相もない。まだ趣味でいいと話をしたが。」

 

いつかそんなところを目指す時が来るのだろうか。

 

何年後かそうなっていたいな、とも心のどこかで思っている自分もいたりいなかったり。

 

ピアノは長距離種目と似ているな。

毎日毎日地味な作業をし続ける。

自分の性格にあっているのかもな。

大人になって、こんな熱中できるものに出会うとも思わなかったよ。

 

 

 

 

 

生産的なOFF

 

 

心身にとってOFFの時間を作るのがとても苦手で、家に帰ってまでダラリダラリと多くの物事を引きづってしまう。

 

心身を悩ますことがあふれていると、寝ても覚めても心の休まる時間がないよね。

 

その時その時で生きていれば悩みはつきものだと思う。大学も心身が少し壊れてしまうくらいには、大変だったけど、今となっては特に大変だった印象はない。

喉元過ぎれば・・・とやらかな、当時は嫌で嫌で仕方なかったはずなのに、今では前は楽だったな。戻りたいな。戻れたら違う選択をしたいな。と考えてしまうよね。

 

 

今朝方夢を見たんだ。多分悩み過ぎてたからかな、夢の中でも悩んでいた気がする。夢の内容て忘れちゃうよね。でも何かを感じた感覚は残っているから不思議。おかげ様で全然疲れは取れないし、頭もすっきりしない。やらなくてはならないことがたくさんまだ残っているのに夜になってしまった。

 

そんなナイーブな心持で朝を迎えたからなのか、一日の貴重な時間があっという間に溶けてなくなってしまった。そう、ダラけて何も残せなかった時間は、過ぎるのではなく溶けてなくなってしまうんですよ。

 

何度同じことをしたらわかるのかね君は。

ただ悩んでいても、考えていても事態は好転しないんだよ。時間が解決してくれることもたくさんあるけれど、現状のまま時間が経てば経つだけ残された時間が無くなってしまう。苦しくなってしまう状況もたくさんあるんだよ。行動して結果を得て安心するしか解決策がないんだよ。

 

常に今できることは限られていて、今悩んでていても何にも解決しない事は理解しているのに、思考を止められないのはなぜなのか。

性格的な問題も絡んでくるだろうから、直すのは難しいのでしょうか。

 

今年はそんな自分ともうまく付き合い、ONとOFFと区別できる人間を目指してみなさいよ。

もうそろそろ半年が過ぎてしまうというのにね。

 

 

現実逃避もかねて十二国記を読んでいた。

ファンタジーとはいえ、自分の置かれた状況が、考え方が、悩みが馬鹿らしくなるね。

 

 

 

 

日記とは言え、我ながら文字に起こすとジメジメと暗くて気持ちが悪いね。話をする人間の多くない自分にとっての一つの捌け口と捉えるなら、これが当たり前と言えば当たり前ではあるが。

日中のバリバリで強くてなんでも上手くこなせる自分の状態のまま、家でも過ごせたなら、生産的なOFFという、言葉上矛盾しつつも本来目指すべきであろう時間の使い方ができるはずなんだが。

さて、これからちょっと本気出して仕事します。

 

〇〇大学陸上競技部中長距離ブロックOB会

昨夜、初めてリモート飲み会なるものをした。

 

相手は大学陸上競技部時代の先輩と後輩。

そうです、埼玉県某私立大学陸上競技部中長距離ブロックOB会です。

先輩はおなじみ、毎日内容の噛み合わないlineを繰り返し、ほぼ隔週で通話をしている心友だ。

そして後輩は、私が陸上部の中長距離の主将(ブロック長)をしている3年時に色々あり部活をやめてしまった後輩だ。

後輩はとてつもない努力家で速い。

箱根の予選会などに出られていたら、もしかしたら・・・どうにかなっていたかもしれない逸材だ。

 

そんな先輩と後輩と話をしていて、画面越しにでも顔を合わせれば、一瞬で当時の雰囲気に帰れることがとても嬉しかった。

これも、毎日顔を突き合わせて、今考えるとほんとにバカでしょ。と思うめちゃんこキツいメニューをこなした時間を共にしてきたからなんだろうな。過去の頑張って過ごした時間が今に生きているのが単純に嬉しいな。

みんなそれぞれ問題は抱えているし、それでも真面目ぶって仕事して、ストレス溜めながら生きてるんだよね。我々に限らずみんなきっと同じなんだよね。

先輩後輩と話をしながら、当時感じていたモノとは別の仲間意識や安心感を感じた。

 

そして、卒業して何年も経過しても、各々まだ走り続けていることを皆で嬉しがっていた。この年になると運動している人すら珍しいからね。

 

昨日仲間同士でチームを作りたいね。と話をした。

チーム名を考えたいね。皆でまた大会に出たいね。またみんなでjogしながら色々話したいね。ポイント練もしたいね。後輩は途中でやめてしまったから、再現するわけではないけど合宿もやりたいね。

 

志を共にした仲間となら、やりたいことが本当に尽きないんだね。

 

大会も今年は難しそうだし、モチベを上げるのも難しかったけど、今後のことをあれやこれやコネルのは凄い楽しい時間だった。

 

今後本格的に、ランニングクラブの作り方とか色々皆で動いていきたいな。

チームで陸連に登録するのなら5名以上必要とのことだから、まずは仲間を探さないといけないね。

 

当面の個人的な夢としては、大会のリザルトに同じチーム名で上位に名前を列挙させること。

そうなると、現実的に後輩がトップでゴールするとして、俺と先輩がどこまで上に食い込めるかということになるけど。。。

これまで一人でただ出てた大会とは違い、そういう緊張感も同時に味わえたら最高だよね。

 

社会人になってからの部活。いいじゃないですが。時間限られた中でも、仕事、勉強、趣味、走ること。バランスよくいけたらどれだけ楽しい人生だろうか。

 

 

 

リフレッシュタイム

なんか前回の終わりに、次回は~的なことを書いた気がするけれども、嘘つきだから書きません(めちゃんこ長くなるから今度時間のある時にしたためます)。

 

連休明けの仕事はなかなかに辛いものだと覚悟をしていた。

だけども、ネクタイの塩梅がわからず首を絞めすぎることはなく一発で決まるし、前日磨いておいた革靴の紐を縛れば気合が入る。車のエンジンを押しラジコで東京FMをかけ、ザベスさんの声を聴けば、あっという間にこれまでの日常に引き戻される。

仕事自体は、いつもより頭の回転が遅いくらいで、原状復帰するまでに2時間とかからない。

馴れって怖いですね。休みが150時間もあったのに、たかだか2、3時間で元通りなんですもん(個人差はあるんでしょうけどね)。

悔しいことに、純な心がどんどん社畜色に染められているよ。。。

まぁ、レールから外れた者をアウトローとみなしてしまうような社会では、生きていきやすい人間なのかもしれないけどね。知らんけど。

 

今日はトラップカード有休を発動した。気持ち的にはもっともっとお休みをしたいところだけれども、持ち札には限りがあるので用法用量にはお気をつけて。

 

一日のうちにやらなくてはいけない課題は半日で片づけて、午後からは、ひっっっさしぶりのジョギングへ。

暑いし体重いし熱いし熱いし辛かった。

大学時代はジョグ=4′00~4′30/㎞

だったけど、現在は+1′。過去にすがってはいけません。今の能力で戦いましょう。(戒)

お腹の割れ目は薄くなっていくし、大学時代のジャージには嫌な張りを感じる。特に横っ腹がやばい。現役のころ感じることなかった摘んで揉める何かかそこには在る。

 

自己管理ができなくて太ってしまうのが一番なりたくない自分なので、ゴールデンウィーク前夜、事件が起こったXデーを境に禁酒をはじめた。

まだたかだか一週間。されど一週間の気持ちで今後も長い戦いを続けていくことを決意したいところですね。

 

 

勉強したり本読んだりのリフレッシュタイムに20分の時間を設け、今日の日記を書いていた。

なんかイライラしてきたからもっと別の方法でリフレッシュタイムを過ごせばよかったな。

 

 

アディオス

 

決意表明

時間は本当に有限なんだね。

 

長いと思っていた大学4年間もあっという間に終わってしまったし、社会に出てから二度経験した年末年始の連休も今振り返ると「3日くらいしかなかったのでは?」と時空の歪みを感じる。

 

そして、社会に出てから三度目のゴールデンウィークも終わろうとしている。

長期休みを経験するたびに、時間は有限なんだと再認識させられる。

再認識し、「次回の長期休みは時間を有意義に使おう」と決意を新たにするだけで、特段行動に移せるわけでもなく。。。「歴史は繰り返す」、クルティウス=ルーフス、嗚呼、貴方の言葉が我が身に染みる。

 

連休中は世相の情報をロックダウンしていたため、いきなり職場に行っても「PCのつけ方も、むしろ自分の席も分かりません」状態なため、本日夕方は世相の最新情報をひたすらインプットしていた。

これでどんな問い合わせにも、自信をもってお応えできる。

誰も連休明けの人間だとは思わないだろう。

 

閑話休題

社会人になってから時間の流れが酷く早い。

必死に目の前の仕事と戦っているだけで、もう齢は25目前まで差し迫っている。

このままでは、何もしないまま、あっという間に齢30を数えてしまう。

 

当初の私の目的は、社会保険労務士を取得し、ゆくゆくは事務所を立ち上げるぞ。

というものだったが、人生のレールがかなり逸脱してきてしまっている。こんなことをしている場合ではない。早急にレールの組み直しをしなくてはいけない。

 

ただ、今の自分の実力ではまずなれるわけもなく。現実的に今できることは、目の前の仕事と戦い、企業や経営の在り方を学んでいくことくらいしかできないだろう。

仕事をしていくうえでも、発生した事柄に対して事例を吸収するという受け身な面がとても強いので、かなり成長スピードが遅いとも思う。

 

そこで、資格として必要かは別として、短期的な目標を設けることにした。

足の裏の米粒と揶揄されるが、一つの目標として国家資格の中小企業診断士の勉強を始めようと思う。

これで仕事をするしないは別として、勉強内容と実務がマッチしている部分が多いことが魅力。

これで仕事において、受け身ではなく、能動的になっていければとも思う。

 

 

今までは、

山岳耐久競技頑張りたい!

ピアノも弾きたい!

好きなことしたい!

仕事は嫌い!

 

て感じだったけど、世相を見ると、自分の中の比重を改めなくてはいけないタイミングが迫ってきている気がする。

そのことに関しては、多くの思うことがあるけれども、長くなるので次回へ。

 

 

明日から仕事嫌だな。

言うてもね、魔法カード「有休」を金曜日に使ったから、明日乗り越えたらまた休みなんだけどね。(糞)

 

 

 

VS想い出

家の中の事情やその他色々な事情により、何年かに一度、部屋から部屋への大移動を行う。

そんな今回の連休も大移動の時期がやってきた。

 

部屋から部屋へ荷物を移動する。

毎回の作業中「また、今回もいらぬものが増えてしまったなあ。」と感じる。

ただ、自分の買ったものならば、「次はお金を大切に使えよ俺」と呟きながら捨ててしまえばいい。

しかし、想い出の詰まったもの、人と時間を共有したものなどはなかなか捨てられないんだよね。

 

部活の想い出、数少ない友人たちとの想いで、これまで、付き合ってきた方たちとの想いで。。。

それらのモノを断腸の想いで選別することが断捨離なんだろうな。

毎回、部屋の引っ越しのタイミングで、「よし!断捨離するぞ!」と息巻いて取り組むが、毎回うまくいかない。

 

そんな作業中、一番最初に先行する思いは、「辛い」だ。

いるいらないを選択することや、その作業に取り組むことは、全くめんどくさくないし辛くもない。

 

忘れていたモノでも、見ればある程度その時の感情がよみがえる。

良いことも、苦いことも。

それらの過去の感情に勝てない自分と向き合うことが「辛い」と感じてしまうんだろうな。

 

まぁ、はい、言い訳ですよね。

 

今を生きるだけではなく、いつかちゃんと自分の想い出たちとも向き合っていきたいな。